Windows 11 スタートアップの設定と場所

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 でスタートアップに設定する方法と、フォルダの場所を紹介します。

エクスプローラーにshell:startupを入力して、スタートアップのフォルダの場所を開けます。

そのフォルダにショートカットを追加して、スタートアップに設定できます。パソコンの起動時に実行されるようになります。

削除するには、そのショートカットを削除します。

スタートアップの場所

スタートアップ フォルダの場所は次の 3 つあります。

  • 目次
    • ユーザーのスタートアップに設定
    • すべてのユーザーのスタートアップに設定
    • レジストリのスタートアップに設定

ユーザーのスタートアップに設定

エクスプローラーを表示し、アドレスバーにshell:startupを入力してEnterキーを入力します。

1

次のパスが表示されます。これがスタートアップの場所です。

C:\Users\%USERNAME%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
%USERNAME% はログインしているユーザー名に置き換わります。
2

このフォルダにスタートアップに設定したいアプリやプログラムの [ショートカット] を追加します。

3

これでそのユーザーのログイン時に実行されます。

すべてのユーザーのスタートアップに設定

エクスプローラーを表示し、アドレスバーにshell:common startupを入力してEnterキーを入力します。

次のパスが表示されます。これがすべてのユーザーで共通のスタートアップの場所です。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp

通常はshell:startupのユーザー (フォルダ) を使用します。

レジストリのスタートアップに設定

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[アプリ] をクリックします。

s-app

[スタートアップ] をクリックします。

4

ここにレジストリのスタートアップに登録されているアプリの一覧が表示されます。

スタートアップに設定するには [アプリ] をオンにします。削除するにはオフにします。

5

スタートアップの場所

これらのアプリは、次のレジストリに登録されています。

ユーザー:
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
すべてのユーザー:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
すべてのユーザー、64 ビット版の Windows で 32 ビットのアプリ:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

アプリのファイルの場所はタスクマネージャーから表示できます。

[スタートボタン] を右クリックして [タスクマネージャー] をクリックします。

ショートカットはCtrl + Shift + Escキーです。

6

簡易表示になっているときは [詳細] をクリックします。

7

[スタートアップ] タブをクリックし、[アプリ] を右クリックして [ファイルの場所を開く] をクリックします。

8

アプリのファイルがあるフォルダが表示され、そのアプリが選択された状態になります。

  • 目次
    • ユーザーのスタートアップに設定
    • すべてのユーザーのスタートアップに設定
    • レジストリのスタートアップに設定