Windows 11 通知の表示時間を変更する

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 で通知の表示時間を変更する方法を紹介します。

設定 > アクセシビリティ > 視覚効果 から、通知の表示時間を変更できます。

設定 > システム > 通知 から、アプリ毎に通知センターに表示するか設定できます。

通知をオフにするには「通知をオフにする」をご覧ください。
  • 目次
    • 通知の表示時間を変更する
    • 通知センターに表示する

通知の表示時間を変更する

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。または Win win11key-2 + I キーを入力します。

start-setting

[アクセシビリティ] をクリックします。

s-accessibility

[視覚効果] をクリックします。

1

「この時間が経過したら通知を破棄する」から通知を表示する [時間] を選択します。

2 3

設定した時間が経過すると通知バナー (ポップアップ) が非表示になります。消えた通知は通知センターに残ります。

通知をすぐに閉じるには [X] ボタンをクリックします。またアラーム (クロックアプリ) など一部の通知は、[X] ボタンをクリックしないと消えません。

4 5
通知バナーにマウスを乗せている間は消えません。マウスを通知バナーの外に移動させると、その時から設定した時間が経過すると消えます。

通知センターに表示する

通常は消えても通知センターに残ります。通知センターはタスクバーの [日付] をクリックして表示できます。または Win win11key-2 + N キーを入力します。

通常、同じアプリの通知は最新のものだけ表示されます。過去の通知履歴を再表示することはできません。
6

アプリ毎に通知センターに表示するか設定できます。通常は表示されます。

アプリの通知が表示されたら […] から [通知の設定を開く] をクリックします。

7

または [スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。または Win win11key-2 + I キーを入力します。

start-setting

[システム] をクリックします。

s-system

[通知] をクリックします。

8

通知センターに残したい [アプリ] をクリックします。

9

[通知センターに通知を表示する] をチェックします。

10

これでそのアプリからの通知が通知センターにも表示されます。

ただし、通知センターに表示されるのは、通知に対して何もしないで非表示になったときです。

通知をクリックしたり、X ボタンをクリックして閉じると残りません。また、通知センターに表示されないものもあります。通知センターを表示すると消えてしまう通知もあります。