Windows 11 クリップボードの履歴から貼り付ける

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 でクリップボードの履歴から貼り付ける方法を紹介します。

Win win11key-2 + V キーを入力して、クリップボードの履歴を有効にできます。コピーした文字列などが履歴に残ります。

Win win11key-2 + V キーを入力して、クリップボードの履歴から貼り付けできます。

設定 > システム > クリップボード から、クリップボードの履歴を無効にできます。

  • 目次
    • クリップボードの履歴から貼り付ける
    • クリップボードの履歴を無効またはクリアする
    • クリップボードの履歴を保存する

クリップボードの履歴から貼り付ける

Win win11key-2 + V キーを入力して [オンにする] をクリックします。

1

これでクリップボードの履歴が有効になり、コピーした文字列や画像などが履歴に残ります。履歴の数には上限があります。上限を超えると古い順に削除されます。

Win win11key-2 + V キーを入力すると履歴が表示されるので、貼り付けたい [履歴] をクリックします。または ↑↓←→ キーで選択して Enter キーで貼り付けます。

4

貼り付けた後は、それがクリップボードに設定されるので Ctrl + V キーから貼り付けられます。

クリップボードの履歴を無効またはクリアする

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。または Win win11key-2 + I キーを入力します。

start-setting

[システム] をクリックします。

s-system

[クリップボード] をクリックします。

2

[クリップボードの履歴] をオフにします。

3

クリップボードの履歴が無効になります。コピーした履歴もすべて削除されます。

履歴を削除

Win win11key-2 + V キーを入力して [すべてクリア] をクリックします。

5

クリップボードのコピー履歴がすべて削除されます。ただし固定した履歴は残ります。

個別に削除するには、削除したい履歴の […] から [削除] をクリックします。

6

その履歴だけ削除されます。

クリップボードの履歴を保存する

パソコンをシャットダウンや再起動するとクリップボードのコピー履歴はすべて削除されます。

保存したいときは […] から [アイテムの固定] をクリックします。

7

これで固定した履歴が常に残ります。固定できる履歴の数は 25 個までです。

ただし固定して保存できるサイズは 4MB までです。フルHD の解像度 (1980 x 1080) などのスクリーンショットは 4MB を超えるので、保存されません。