Windows 10 クリップボードの履歴を有効にする

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows10 でクリップボードの履歴を有効にする方法を紹介します。

設定 > システム > クリップボード から、クリップボードの履歴を有効にできます。

Win winkey + V キーを入力して、クリップボードの履歴から貼り付けられます。

文字列や画像などをコピーすると履歴に残ります。

  • 目次
    • クリップボードの履歴を有効にする
    • クリップボードの履歴から貼り付ける
    • クリップボードの履歴を保存する

クリップボードの履歴を有効にする

Win winkey + V キーを入力して [有効にする] をクリックします。

7

または [スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[システム] をクリックします。

system

[クリップボード] をクリックします。

1

[クリップボードの履歴] をオンにします。

2

これでクリップボードの履歴が有効になります。

文字列や画像をコピーしたときに自動的に履歴に残ります。サイズの大きいもの (約 1MB を超えるもの) は残りません。履歴の数には上限があります。

クリップボードの履歴から貼り付ける

Win winkey + V キーを入力すると履歴が表示されるので、貼り付けたい [項目] をクリックします。または 矢印 キーで選択して Enter キーで貼り付けます。

5

貼り付けた後はそれがクリップボードに設定されるので Ctrl + V で貼り付けられます。

クリップボードの履歴を保存する

パソコンをシャットダウンや再起動すると履歴が削除されます。

保存したいときは […] から [ピン留めする] をクリックします。

6

これでシャットダウンしてもピン留めした項目が残った状態になります。すべてクリアしてもピン留めした項目は残ります。