Windows 11 アプリを管理者として実行する

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 でアプリを管理者として実行する方法を紹介します。

アプリのプロパティから、管理者としてこのプログラムを実行するをチェックして常に管理者として実行できます。

管理者として実行するショートカットキーはありませんが、常に管理者として実行するとショートカットから実行したときも管理者として実行できます。

スタートメニューやタスクバーから Ctrl + Shift キーを押しながらクリックして管理者として実行できます。

タスクスケジューラからは、ユーザーアカウント制御 (UAC) をスキップして実行できます。

UAC が表示されるタイミングを変更するには「標準ユーザーの制限と管理者に変更する」をご覧ください。
  • 目次
    • 管理者として実行するとき
    • 常に管理者として実行する
    • 管理者として実行する
    • スタートメニューから
    • タスクバーから
    • エクスプローラーから
    • 検索から
    • ファイル名を指定して実行から
    • ターミナルから
    • タスクスケジューラから

管理者として実行するとき

アプリを管理者として実行するときユーザーアカウント制御 (UAC) が表示されます。

「管理者」ユーザーが管理者権限を必要とするとき [はい] をクリックして管理者として実行できます。

1

「標準ユーザー」が管理者権限を必要とするとき、管理者のユーザーのパスワードを入力して管理者として実行できます。

2
UAC について詳しくは「標準ユーザーの制限と管理者に変更する」をご覧ください。

常に管理者として実行する

拡張子が .exe のアプリを常に管理者として実行できます。そのショートカットや、それに関連付いているファイルを開いても管理者として実行されます。

拡張子が [.exe のファイル] や、その [ショートカット] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。

ショートカットのプロパティを編集すると、そのリンク先のファイルが編集されます。
3

[互換性] タブから [管理者としてこのプログラムを実行する] をチェックして [OK] をクリックします。

互換性タブが表示されないときは、常に管理者として実行できません。管理者として実行する必要のないアプリかもしれません。
4

これでそのアプリやショートカット、関連付いているファイルから起動したときに常に管理者として実行できます。

ショートカット

設定したショートカットから開いたときだけ常に管理者として実行できます。

拡張子が .exe のファイルの [ショートカット] を右クリックして [プロパティ] をクリックします。

3

[ショートカット] タブから [詳細設定] をクリックします。

21

[管理者として実行] をチェックして [OK] をクリックします。

拡張子が .exe 以外のファイルではチェックできません。
22

[OK] をクリックします。

このショートカットから起動したときだけ常に管理者として実行できます。

管理者として実行する

その時だけ管理者として実行するには Ctrl + Shift キーを押しながらクリックします。(スタートやタスクバーなど)

または、右クリックから [管理者として実行] をクリックします。(エクスプローラーなど)

スタートやエクスプローラーなど、大抵はこのどちらかの方法で実行できます。タスクスケジューラを使用するとユーザーアカウント制御 (UAC) をスキップして実行できます。

スタートメニューから

スタートメニューから管理者として実行できます。

Ctrl + Shift + クリック

[スタートボタン] をクリックして [アプリ] を Ctrl + Shift キーを押しながらクリックします。

5

右クリック

[スタートボタン] をクリックし、[アプリ] を右クリックして [管理者として実行] をクリックします。

すべてのアプリでは [アプリ] を右クリックして [詳細] から [管理者として実行] をクリックします。

6

タスクバーから

タスクバーから管理者として実行できます。

Ctrl + Shift + クリック

タスクバーの [アプリ] を Ctrl + Shift キーを押しながらクリックします。

7

タスクバーにピン留めしていなくても、アプリを開いてタスクバーに表示されたアプリに対してもできます。

右クリック

タスクバーの [アプリ] を右クリックし、[アプリ名] を右クリックして [管理者として実行] をクリックします。

8

ショートカットキー

タスクバーにピン留めしたアプリの左から順番に 1 ~ 0 の番号が割り振られています。Win win11key + 番号 キーを入力して実行できます。Win win11key + Ctrl + Shift + 番号 キーを入力して管理者として実行できます。

9

上の画像では Win win11key + Ctrl + Shift + 2 で Microsoft Edge を管理者として実行します。

エクスプローラーから

エクスプローラーから管理者として実行できます。

右クリック

拡張子が [.exe のファイル] や、その [ショートカット] を右クリックして [その他のオプションを表示] をクリックします。

10

[管理者として実行] をクリックします。

11

検索から

検索から管理者として実行できます。

検索から [アプリ名] を入力して [アプリ] を Ctrl + Shift キーを押しながらクリックします。または [管理者として実行] をクリックします。表示されていないときは [▼] から表示できます。それでも表示されないときは、管理者として実行できないアプリです。

12

ファイル名を指定して実行から

ファイル名を指定して実行から管理者として実行できます。

Win win11key + R キーを入力して、ファイル名を指定して実行を開きます。

[アプリ名] またはアプリの [パス] を入力して Ctrl + Shift + Enter キーを入力します。または Ctrl + Shift キーを押しながら [OK] をクリックします。

13

ターミナルから

PowerShell やコマンドプロンプトから管理者として実行できます。

[スタートボタン] を右クリックして [Windows ターミナル] をクリックします。

terminal

PowerShell

次の [コマンド] を入力して Enter キーを入力します。大文字と小文字は区別しません。

Start-Process "アプリのパス" -Verb RunAs

Microsoft Edge を起動するなら次のようになります。

Start-Process "C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe" -Verb RunAs
15

コマンドプロンプト

ターミナルの [▼] から [コマンドプロンプト] をクリックします。

16

次の [コマンド] を入力して Enter キーを入力します。大文字と小文字は区別しません。コマンドプロンプトから PowerShell のコマンドを実行しています。

PowerShell "Start-Process 'アプリのパス' -Verb RunAs"
PowerShell "Start-Process 'C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe' -Verb RunAs"
17

タスクスケジューラから

タスクスケジューラから管理者として実行できます。ユーザーアカウント制御 (UAC) をスキップして実行できます。

エクスプローラーを表示し、アドレスバーに taskschd.msc を入力して Enter キーを入力します。

18

[タスクの作成] をクリックします。

19

タスクを作成する手順は省略しますが、[最上位の特権で実行する] をチェックして作成します。

20