エクセル COLUMN 関数:列番号を取得する

はじめに

エクセルの COLUMN 関数の使い方を紹介します。

COLUMN 関数は、自身のセルか指定したセルの列番号を取得します。

各列に連番を入力したいときに使用します。

  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説

構文

COLUMN()
この関数を入力したセルの列番号を取得します。

COLUMN(セル)
セルの列番号を取得します。

引数「セル」省略できます。省略するとこの関数を入力したセルの列番号を取得します。
列番号を取得したいセルまたは列を指定します。

使用例

引数「セル」を指定しないで列番号を取得する。

=COLUMN()
1

引数「セル」にセル「A1」を指定して、セル「B2」を右にコピーする。

=COLUMN(A1)
2

引数「セル」にセル「A1」を絶対参照で指定して、セル「B2」を右にコピーする。

=COLUMN($A$1)
3

解説

列番号とは列「A」を 1 とした連番です。

「COLUMN 関数」を使用して連番にすると、途中に列を挿入したり削除しても連番が崩れません。

3 列目を 1 にして連番を開始したいときは=COLUMN()-2のように調整します。

関数との組み合わせ

INDEX 関数」や「VLOOKUP 関数」関数など、引数に列番号を指定するものがあります。その引数に「COLUMN 関数」を使用すると、そのセルをコピーしたときに列番号が連番になります。

=INDEX($B$2:$D$4,2,COLUMN(B6)-1)
4
  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説