サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 OR 関数:一つでも条件を満たしているか判定する

はじめに

エクセル 2016 の OR 関数の使い方を紹介します。

OR 関数は一つでも条件を満たしているか判定します。一般的に論理和と呼ばれます。

セルの値が 20 以下または 80 以上か判定したいときに使用します。

構文

OR(論理式1)

OR(論理式1, 論理式2・・・)

名前 説明
引数「論理式」条件を比較演算子を使って指定します。
一つでも条件を満たすと「TRUE」、全て満たさないと「FALSE」になります。

使用例

条件が一つ

セル「B3」が空か判定する。空文字は""で表せます。

=OR(B3="")
10

セル「B3」とセル「C3」が違うか判定する。

=OR(B3<>C3)
11

セル「B3」が 80 以上か判定する。

=OR(B3>=80)
12

条件が複数

値が「20 以下」または「80 以上」か判定する

=OR(B3<=20,B3>=80)
13

分類が「エクセル」または値が「80 以上」か判定する

=OR(B3="エクセル",C3>=80)
14

解説

IF 関数」や「COUNTIF 関数」などの条件を使用する関数と組み合わせて、複数条件にするのが「OR 関数」の役割です。

条件を複数にするには、引数「論理式」をカンマ区切りで増やします。

条件を指定するには比較演算子を使用します。比較演算子には次のものがあります。

演算子 演算名 使用例 結果
=等しい1=2False
<>等しくない1<>2True
>大きい1>2False
<小さい1<2True
>=以上1>=2False
<=以下1<=2True

文字列を指定するときは""で囲みます。例:B3="エクセル"

空のセルと 0 を比較すると TRUE になります。

16

引数「論理式」の一つでも結果が TRUE になるとき「OR 関数」は TRUE を返します。それ以外は FALSE を返します。

引数「論理式」の全ての条件を満たしているときに TRUE を返すには「AND 関数」を使用します。

論理関数の結果一覧

条件の結果を論理演算する関数には主に次のものがあります。

関数名 演算名 使用例 結果
AND論理積AND(TRUE,TRUE)
AND(TRUE,FALSE)
AND(FALSE,FALSE)
TRUE
FALSE
FALSE
OR論理和OR(TRUE,TRUE)
OR(TRUE,FALSE)
OR(FALSE,FALSE)
TRUE
TRUE
FALSE
NOT論理否定NOT(TRUE)
NOT(FALSE)
FALSE
TRUE
XOR排他的論理和XOR(TRUE,TRUE)
XOR(TRUE,FALSE)
XOR(FALSE,FALSE)
FALSE
TRUE
FALSE

関連ページ