サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2016 TEXTJOIN 関数:セルの範囲の文字列を区切り文字を使って結合する

はじめに

エクセル 2016 の TEXTJOIN 関数の使い方を紹介します。2016から使用できます。

TEXTJOIN 関数はセルの範囲の文字列を結合します。

複数のセルの文字列をカンマやスペース、改行などを区切り文字にして結合したいときに使用します。

構文

TEXTJOIN(区切り文字, 空のセル, 文字列1)
TEXTJOIN(区切り文字, 空のセル, 文字列1, 文字列2・・・)
すべての文字列区切り文字を挿入して結合します。文字列の範囲内にある空のセルを無視するか選択できます。

引数「区切り文字」引数「文字列」と引数「文字列」の間に挿入する文字列を指定します。
引数「文字列」にセルの範囲を指定しているときは、各セルの間に挿入します。
引数「空のセル」引数「文字列」に含まれている空のセルを無視するか指定します。
TRUE:無視します。
FALSE:空文字として結合します。
引数「文字列」セルの範囲、文字列を指定できます。

使用例

引数「区切り文字」を変えたときに、どのように挿入されるか確認する。セル「E6」には半角スペースが入力されています。

=TEXTJOIN(E3,TRUE,B3:D3)
1

引数「空のセル」を変えたときに、どのように無視されるか確認する。

=TEXTJOIN("-",E3,B3:D3)
2

引数「文字列」に文字列やセル参照、セルの範囲を指定して結合する。

=TEXTJOIN("-",TRUE,"あ","い","う")
=TEXTJOIN("-",TRUE,B4,C4,D4)
=TEXTJOIN("-",TRUE,"あ","い",B5:D5)
3

解説

引数「区切り文字」には 1 文字でも複数の文字でも指定できます。空文字""を指定すると区切り文字がなくなります。

引数「区切り文字」にカンマ,を指定すればカンマ区切りに、半角スペース や全角スペース を指定すればスペース区切りになります。

引数「空のセル」に TRUE を指定したとき、=TRIM("")のように結果が空になるセルも無視されます。空白が入力されているセルは無視されません。

引数「文字列」にセルの範囲を指定すると、各セルの値を結合します。複数行複数列の範囲を指定したときの結合される順序は 1 行ずつ下に向かっていきます。

5

改行区切りにする

改行文字は直接入力できないため「CHAR 関数」を使って入力します。改行して表示するにはそのセルを選択した状態で、[ホーム] タブをクリックし配置グループにある [折り返して全体を表示する] をクリックして、有効の状態にする必要があります。

=TEXTJOIN(CHAR(10),TRUE,B3:D3)
4

CHAR(10)は「ラインフィード」といってセル内の改行文字になります。

日付を結合する

日付は数値を日付の形式に表示しています。引数「文字列」に日付型のセルを指定したときは、内部で持っている数値を結合します。

6

日付の見た目の通りに結合したいときは事前に「TEXT 関数」で日付を文字列に変換している必要があります。そのため日付のセルに対しては「TEXTJOIN 関数」は使えません。&を使ってセルを 1 つずつで結合する必要があります。

=TEXT(B3,"yyyy/m/d")&TEXT(C3,"yyyy/m/d")