エクセル TRANSPOSE 関数:セルの範囲の行と列を入れ替える

はじめに

エクセルの TRANSPOSE 関数の使い方を紹介します。

TRANSPOSE 関数は指定したセルの範囲や配列の行と列を入れ替えた配列を取得します。

  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説

構文

TRANSPOSE(範囲)
範囲の行と列を入れ替えた配列を取得します。

引数「範囲」セルの範囲や配列を指定します。

使用例

結果は配列になり複数のセルに表示されます。これはスピルという機能によるものです。詳しくは「スピル、動的配列数式の使い方」をご覧ください。2019 以前のバージョンでは左上のセルの値のみ表示されます。

1 列を 1 行に入れ替える。

=TRANSPOSE(B2:B4)
1

1 行を 1 列に入れ替える。

=TRANSPOSE(B2:D2)
2

行と列を入れ替える。

=TRANSPOSE(B2:D4)
3

解説

引数「範囲」にA1:B3のような 2 行 3 列を指定すると 3 行 2 列に入れ替えます。

SEQUENCE 関数」などの配列を取得する関数と組み合わせて行列を入れ替えるのに使用します。

=TRANSPOSE(SEQUENCE(5,3))
4
  • 目次
    • 構文
    • 使用例
    • 解説