サイトについて      連絡先   検索

エクセル 2013 SUMPRODUCT 関数:セルの範囲同士を掛けた合計を求める

はじめに

エクセル 2013 の SUMPRODUCT 関数の使い方を紹介します。

SUMPRODUCT 関数はセルの範囲同士を掛け算した合計を求めます。

金額 * 個数の合計を求めたいときに使用します。条件の指定もできます。

構文

SUMPRODUCT(範囲1)
範囲の合計を求めます。

SUMPRODUCT(範囲1, 範囲2・・・)
すべての範囲の対応するセル同士を掛け算した合計を求めます。

引数「範囲」セルの範囲、数値を指定できます。

使用例

セルの範囲「B2」~「B3」と「C2」~「C3」を掛け算した合計を求める。

=SUMPRODUCT(B2:B3,C2:C3)
1

セルの範囲「B2」~「B3」と「C2」~「C3」と「D2」~「D3」を掛け算する。

=SUMPRODUCT(B2:B3,C2:C3,D2:D3)
2

解説

引数「範囲」にB2:B3,C2:C3を指定したときはB2*C2 + B3*C3の計算をしています。

引数「範囲」にB2:B3,C2:C3,D2:D3を指定したときはB2*C2*D2 + B3*C3*D3の計算をしています。

引数「範囲」に数値以外の値が含まれているセルは 0 として扱われます。

引数「範囲」にB2:B3,C2:C4B2:B3,C2:D2のようにセルの範囲の大きさが違うものを指定したときはエラー#VALUE!になります。

条件を指定する

=B2*C2のように掛け算した結果を表示する列を用意すれば「SUMIFS 関数」で合計を求められるので条件を指定できます。

列を用意したくないときは配列数式を使用します。「SUMPRODUCT 関数」を使用する必要がなくなるので「SUM 関数」でも同じ結果になります。分類が「エクセル」の合計を求めるには次のように入力します。

=SUMPRODUCT((B3:B6="エクセル")*(C3:C6)*(D3:D6))
Ctrl + Shift + Enter で確定
=SUM((B3:B6="エクセル")*(C3:C6)*(D3:D6))
Ctrl + Shift + Enter で確定
3

詳しくは「配列数式、CSE数式とは」をご覧ください。