Windows 10 ロック画面を表示する

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows10 でロック画面を表示する方法を紹介します。

ショートカットの Win winkey-2 + L キーを入力してロック画面を表示できます。

一定時間操作していないときにスリープし、それから復帰後にロック画面を表示できます。

ロック画面を解除するにはパスワードが必要です。

ロック画面の背景などを変更するには「ロック画面に表示する項目をカスタマイズする」をご覧ください。
  • 目次
    • ロック画面を表示する
    • スリープ後にロック画面を表示する

ロック画面を表示する

[スタートボタン] をクリックし、[アカウント] をクリックして [ロック] をクリックします。ショートカットは Win winkey-2 + L キーです。

10

ロック画面が表示されます。

4

スリープ後にロック画面を表示する

一定時間何も操作されないとき、次のどちらかの状態の後にロック画面を表示できます。

  • スリープ
  • スクリーンセーバー

スリープ

スリープするまでの時間を変更するには「自動でスリープさせないようにする」をご覧ください。

設定 > システム > 電源とスリープ から変更できます。

6

スリープから復帰後にロック画面を表示するには、[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[アカウント] をクリックします。

account

[サインインオプション] をクリックします。

11

サインインを求めるから [PC のスリープを解除する時間] を選択します。

12

これでスリープから復帰後にロック画面が表示されます。

スクリーンセーバー

スクリーンセーバーを表示するには「スクリーンセーバーを起動する」をご覧ください。

設定 > 個人用設定 > ロック画面 > スクリーンセーバー設定 から、[再開時にログオン画面に戻る] をチェックします。

5

これでスクリーンセーバーを解除後にロック画面が表示されます。