Windows 10 管理者と標準ユーザーの違い

はじめに

Windows10 で管理者と標準ユーザーの違いについて紹介します。

管理者は、すべての操作を行えます。Windows 10 をインストールしたときに作成したアカウントです。

標準ユーザーは、アプリのインストールや設定の変更が制限されています。管理者のパスワードを知っているときは、それを入力して操作できます。

管理者がアカウントの種類を変更できます。

  • 目次
    • 管理者か標準ユーザーか確認する
    • 管理者と標準ユーザーの違い
    • アカウントの種類を変更する

管理者か標準ユーザーか確認する

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[アカウント] をクリックします。

account

[ユーザーの情報] に「管理者」が表示されていると管理者です。そうでない方は標準ユーザーです。

21

管理者と標準ユーザーの違い

管理者

管理者は Windows のすべての操作を行えます。制限はありません。

ただし管理者権限を必要とするときにユーザーアカウント制御 (UAC) が表示されます。

22

標準ユーザー

標準ユーザーはアプリのインストールやアンインストール、セキュリティに関わる重要な設定の変更などが制限されています。ただし管理者のパスワードを入力して、それらの操作を行えます。

Microsoft では自分のパソコンでも標準ユーザーとして使うことを勧めています。これは悪意のあるプログラムなどが勝手に Windows の動作を変更しようとしたときに、標準ユーザーであれば制限があるため、その攻撃から守ることができるためです。

以下は標準ユーザーの主な制限です。

ストアアプリのインストールはできる

ストアアプリのインストールとアンインストールはできます。

20

アプリをインストールできない

インストーラーからアプリをインストールできません。

5

インストーラーを実行するとユーザーアカウント制御 (UAC) が表示され、管理者のパスワードを入力しないとインストールできないようになっています。

19

アプリをアンインストールできない

アプリのアンインストールできません。[スタートボタン] を右クリックして [アプリと機能] をクリックします。

16

アンインストールしたい [アプリ] を選択して [アンインストール] をクリックします。

17

[アンインストール] をクリックします。

18

ユーザーアカウント制御 (UAC) が表示され、管理者のパスワードを入力しないとアンインストールできないようになっています。

19

セキュリティに関わる重要な設定は変更できない

コントロールパネルなどによく表示される [シールド] アイコンが付いている設定は変更できません。

11

設定をクリックするとユーザーアカウント制御 (UAC) が表示され、管理者のパスワードを入力しないと変更できないようになっています。

19

アカウントの種類を変更する

アカウントの種類を変更できるのは管理者だけです。

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。

start-setting

[アカウント] をクリックします。

account

[家族とその他のユーザー] をクリックします。

管理者でないと表示されません。
23

[アカウント] をクリックして [アカウントの種類の変更] をクリックします。

ここで [削除] をクリックすると、そのアカウントをパソコンから削除できます。
24

アカウントの種類から [管理者] か [標準ユーザー] を選択して [OK] をクリックします。

25

アカウントの種類が変更されます。

  • 目次
    • 管理者か標準ユーザーか確認する
    • 管理者と標準ユーザーの違い
    • アカウントの種類を変更する