Windows 11 標準ユーザーの制限と管理者に変更する

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 の標準ユーザーの制限と管理者に変更する方法を紹介します。

標準ユーザーは、アプリのインストールや設定の変更が制限されています。管理者のパスワードを知っているときは、それを入力して操作できます。

管理者に制限はありません。

設定 > アカウント > 家族とその他のユーザー から、管理者は他の標準ユーザーを管理者に変更できます。

  • 目次
    • 管理者か標準ユーザーか確認する
    • 管理者に変更する
    • 管理者の制限
    • 標準ユーザーの制限
    • UAC を無効にする

管理者か標準ユーザーか確認する

ログインしているのが管理者か標準ユーザーか確認するには次のようにします。

[スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。または Win win11key + I キーを入力します。

start-setting

[アカウント] をクリックします。

s-account
  • 管理者:ユーザー名の下に 管理者 と記載されています。
  • 標準ユーザー:ユーザー名の下に何も表示されません。
1

管理者に変更する

設定 > アカウント > 家族とその他のユーザー から、変更したい [アカウント] をクリックして [アカウントの種類の変更] をクリックします。

標準ユーザーの方は表示されません。
12

アカウントの種類から [管理者] を選択して [OK] をクリックします。

13

そのユーザーが管理者になります。

詳しくは「Microsoft アカウントを作成や追加する」をご覧ください。
詳しくは「ローカルアカウントを作成や追加する」をご覧ください。

管理者の制限

管理者は Windows のすべての操作を行えます。制限はありません。

ただし管理者権限を必要とするときにユーザーアカウント制御 (UAC) が表示されます。

2

UAC が表示されるタイミングを変更するには、下記の「UAC を無効にする」をご覧ください。

標準ユーザーの制限

標準ユーザーはアプリのインストールやアンインストール、シールドアイコンが付いた設定の変更などが制限されています。ただし管理者のパスワードを入力して、それらの操作を行えます。

一部の設定は画面に表示されなくなるため、変更できません。

Microsoft では自分のパソコンでも標準ユーザーとして使うことを勧めています。これは悪意のあるプログラムなどが勝手に Windows の動作を変更しようとしたときに、標準ユーザーであれば制限があるため、その攻撃から守ることができるためです。

ストアアプリをインストール

ストアアプリのインストールとアンインストールは許可されています。

3

アプリをインストール

インストーラーからアプリのインストールが制限されています。

4

インストーラーを実行するとユーザーアカウント制御 (UAC) が表示され、管理者のパスワードを入力しないとインストールできないようになっています。

5

アプリをアンインストール

アプリのアンインストールが制限されています。

[スタートボタン] を右クリックして [アプリと機能] をクリックします。

6

アンインストールしたいアプリの […] から [アンインストール] をクリックします。

7

[アンインストール] をクリックします。

8

ユーザーアカウント制御 (UAC) が表示され、管理者のパスワードを入力しないとアンインストールできないようになっています。

5

セキュリティに関わる重要な設定の変更

コントロールパネルなどによく表示されるシールドアイコンが付いている設定の変更が制限されています。

9

設定をクリックするとユーザーアカウント制御 (UAC) が表示され、管理者のパスワードを入力しないと変更できないようになっています。

5

UAC を無効にする

検索から uac と入力して [ユーザーアカウント制御設定の変更] をクリックします。

10

スライダーから UAC を表示するタイミングを選択できます。

  • 次の場合は常に表示する
  • アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する (既定)
  • アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する (デスクトップを暗転しない)
  • 以下の場合でも通知しない

[以下の場合でも通知しない] を選択して [OK] をクリックします。

11

これでユーザーアカウント制御 (UAC) が表示されなくなります。

UAC を表示しないとセキュリティの問題があるので必ず有効にします。

次の場合は常に表示する

次の時に UAC が表示されます。

  • アプリのインストールやアンインストールするとき
  • アプリが管理者権限を必要とするコンピューターの設定を変更するとき
  • シールドアイコンが付いたシステムの設定をユーザーが変更するとき

アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する (既定)

次の時に UAC が表示されます。

  • アプリのインストールやアンインストールするとき
  • アプリが管理者権限を必要とするコンピューターの設定を変更するとき

アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する (デスクトップを暗転しない)

次の時に UAC が表示されます。

  • アプリのインストールやアンインストールするとき
  • アプリが管理者権限を必要とするコンピューターの設定を変更するとき

以下の場合でも通知しない

UAC は表示されません。

  • 管理者は、常に UAC が許可されます。
  • 標準ユーザーは、この設定に変更できません。