Windows 11 SendTo 送るの場所に追加する

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows11 で SendTo 送るの場所とそこにアプリを追加する方法を紹介します。

エクスプローラーにshell:sendtoを入力して SendTo フォルダを開けます。

SendTo フォルダにショートカットを追加して、右クリックの送るメニューに追加できます。

SendTo 送るの場所

エクスプローラーを表示し、アドレスバーにshell:sendtoを入力してEnterキーを入力します。

1

次のパスが表示されます。これが SendTo フォルダの場所です。

C:\Users\%USERNAME%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo
%USERNAME% はログインしているユーザー名に置き換わります。
2
  • 目次
    • SendTo 送るに追加する
    • 送るの使い方

SendTo 送るに追加する

右クリックの送るメニューに追加するには、SendTo フォルダにアプリの [ショートカット] を追加します。

3

[ファイル] を右クリックして [その他のオプションを表示] をクリックします。

4

送るにそのショートカットが表示されます。

5

名前の昇順に表示されるので_名前1名前のようにすれば、一番上に表示できます。

ショートカットの作成

スタートメニューのすべてのアプリからドラッグして作成した一部のショートカットは、送るに表示されません。そのショートカットにファイルをドラッグできないためです。
6

それ以外の方法で作成したショートカットを SendTo フォルダに追加します。

7
詳しくは「ショートカットを作成する」をご覧ください。

送るの使い方

ファイルを「メモ帳」へ送ると、メモ帳でそれを開きます。

ファイルを「ワードパッド」へ送ると、ワードパッドでそれを開きます。

そのファイルをショートカットへドラッグしたのと同じ動作になります。

ファイルを「フォルダ」へ送ると、そのフォルダにコピーされます。Shiftキーを押しながら [フォルダ] をクリックすると、そのフォルダへ移動されます。

8
  • 目次
    • SendTo 送るに追加する
    • 送るの使い方