サイトについて      連絡先   検索

ワード 2016 改行について

はじめに

ワード 2016 の改行について紹介します。

通常の改行と段落内改行(文字列の折り返し)の 2 種類があります。

改行を表示したり前の行の書式を引き継がないようにできます。

改行について

改行には「通常の改行」と、「段落内改行(文字列の折り返し)」の 2 種類があります。

段落とは、改行されるまでの文章のことです。

13

通常の改行

Enterキーを入力すると通常の改行がされます。これは新しい段落を作成する意味を持っています。

箇条書きなど段落単位で設定される書式があります。

1

段落の最後でEnterキーを入力して改行すると、次の行が新しい段落になります。

2

段落内改行(文字列の折り返し)

Shift + Enterキーを入力すると段落内改行になります。これは新しい段落を作成しません。

段落の最後でShift + Enterキーを入力して改行します。

1

または [レイアウト] タブをクリックし、ページ設定グループにある [区切り] をクリックして [文字列の折り返し] をクリックします。

10

次の行も同じ段落になります。

3

改行を表示する

[ファイル] をクリックして [オプション] をクリックします。

14

[表示] をクリックし、[段落記号] をチェックして [OK] をクリックします。

15

通常の改行と段落内改行が記号で表示されます。

17

一時的に表示するには [ホーム] タブをクリックして、段落グループにある [編集記号の表示] をチェックしても改行を表示できます。タブ文字など他の編集記号もすべて表示されます。

16

改行時の書式を解除する

改行すると前の行の書式などが引き継がれることがあります。

これを解除するには、その [段落] をクリックまたは範囲選択します。

2

[ホーム] タブをクリックして、スタイルグループにある [標準] スタイルをクリックします。

11

書式などが全て解除されます。

6

箇条書きなどの段落の設定を解除するだけならEnterキーを 2 回続けて入力しても解除できます。

改行時の書式を引き継がないようにする

[ファイル] をクリックして [オプション] をクリックします。

12

[文章校正] をクリックして [オートコレクトのオプション] をクリックします。

8

[入力オートフォーマット] タブと [オートフォーマット] タブから無効にしたい [機能] のチェックを全て外して [OK] をクリックします。

9

改行時などの書式設定が無効になります。