Windows 10 電源ボタンの動作をシャットダウンにする

はじめに

Windows10 で電源ボタンの動作をシャットダウンにする方法を紹介します。

コントロール パネル>ハードウェアとサウンド>電源オプション>電源ボタンの動作の選択から、電源ボタンやノートパソコンを閉じたときの動作を、シャットダウンやスリープに設定できます。

電源ボタンを長押しすると強制終了されます。この動作は変更できません。

  • 目次
    • 電源ボタンを押したときの動作を変更する
    • 電源ボタンを長押しする

電源ボタンを押したときの動作を変更する

エクスプローラーを表示し、アドレスバーに次の [パス] を入力してEnterキーを入力します。

コントロール パネル\ハードウェアとサウンド\電源オプション
10

[電源ボタンの動作の選択] をクリックします。

5

電源ボタンを押したときの動作から [シャットダウン] を選択して [変更の保存] をクリックします。

スリープにしたいときは [スリープ状態] を選択します。
6

電源ボタンを押したときにシャットダウンされるようになります。

ノートパソコンを閉じたとき

ノートパソコンでは [カバーを閉じたときの動作の選択] をクリックして、ノートパソコンを閉じたときの動作を変更できます。

9

電源ボタンを長押しする

電源ボタンを長押しすると必ず強制終了できます。フリーズして操作不能になったときに使用します。ただし正常に終了していないため、書き込み中のファイルが破損する可能性があります。

  • 目次
    • 電源ボタンを押したときの動作を変更する
    • 電源ボタンを長押しする