サイトについて      連絡先   検索

Windows 10 環境変数の一覧と既定値

はじめに

Windows10 の環境変数の一覧と既定値を紹介します。

Windows をインストール時の何も変更されていない既定値を紹介します。

使用可能な環境変数の一覧を表示できます。

環境変数を編集するには「環境変数の設定と反映する方法」をご覧ください。
  • 目次
    • 環境変数の既定値
    • 環境変数の一覧を表示

環境変数の既定値

既定値とは、Windows に何もインストールされていない状態の環境変数の値です。ほとんどのパソコンではバージョンアップやプログラムがインストールされているため、購入時点でも、ここに記載されているより多くの環境変数があり、値も変更されています。

環境変数には使用時の値と保存されている生の値があります。それらは少し異なります。

環境変数名をエクスプローラーなどで使用するには%環境変数名%のように % で囲みます。そのためここでは % 付きで名前を記載しています。

使用時の値

ユーザー名などカタカナで記載されている部分は、ログインしているユーザーの名前などに置き換えられます。

変数名
%ALLUSERSPROFILE%C:\ProgramData
%APPDATA%C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming
%COMMONPROGRAMFILES%C:\Program Files\Common Files
%COMMONPROGRAMFILES(x86)%C:\Program Files (x86)\Common Files
%CommonProgramW6432%C:\Program Files\Common Files
%COMPUTERNAME%コンピューター名
%ComSpec%C:\Windows\System32\cmd.exe
%HOMEDRIVE%C:\
%HOMEPATH%\Users\ユーザー名
%LOCALAPPDATA%C:\Users\ユーザー名\AppData\Local
%LOGONSERVER% \\ログインサーバー名
%Path%C:\Windows\system32;C:\Windows;C:\Windows\System32\Wbem
%PATHEXT%.com;.exe;.bat;.cmd;.vbs;.vbe;.js;.jse;.wsf;.wsh;.msc
%PROGRAMDATA%C:\ProgramData
%PROGRAMFILES%C:\Program Files
%PROGRAMFILES(X86)%C:\Program Files (x86)
%ProgramW6432%C:\Program Files
%PROMPT%$P$G
%PSModulePath%C:\Windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modules\
%PUBLIC%C:\Users\Public
%SystemDrive%C:
%SystemRoot%C:\Windows
%TEMP%C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp
%TMP%C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp
%USERDOMAIN%ドメイン名
%USERNAME%ユーザー名
%USERPROFILE%C:\Users\ユーザー名
%windir%C:\Windows

保存されている生の値

レジストリに保存されている生の値です。場所の「ユーザー」とは、そのユーザーでのみ使用可能なものです。「システム」とは、すべてのユーザーで使用可能なものです。

変数名 場所
%ComSpec%%SystemRoot%\system32\cmd.exeシステム
%Path%%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\WindowsAppsユーザー
%SystemRoot%\system32;%SystemRoot%;%SystemRoot%\System32\Wbemシステム
%PATHEXT%.com;.exe;.bat;.cmd;.vbs;.vbe;.js;.jse;.wsf;.wsh;.mscシステム
%PSModulePath%%SystemRoot%\system32\WindowsPowerShell\v1.0\Modulesシステム
%TEMP%%USERPROFILE%\AppData\Local\Tempユーザー
%SystemRoot%\TEMPシステム
%TMP%%USERPROFILE%\AppData\Local\Tempユーザー
%SystemRoot%\TEMPシステム
%USERNAME%SYSTEMシステム
%windir%%SystemRoot%システム

値には別の環境変数を入力できます。また、保存されていない環境変数名 (%USERPROFILE% など) も入力できます。このような環境変数を「プロセス」と呼びます。

環境変数の優先順位は「プロセス」、「ユーザー」、「システム」の順になっています。同じ名前の環境変数があるときは、優先度の高いものが使用されます。

%Path% は特殊でシステム;ユーザーのようにシステムの後ろにユーザーの値を追加して使用されます。

使用できる環境変数の多くは「プロセス」になっています。

環境変数の一覧を表示

コマンドプロンプトと PowerShell と環境変数画面から一覧を表示する方法を紹介します。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトにSETと入力して Enter キーを入力します。

使用時の値の一覧が変数名=値の形式で表示されます。

1

SET 頭文字の形式でSET Pと入力すると P から始まる名前を絞り込めます。

PowerShell

PowerShell にGet-ChildItem env:と入力して Enter キーを入力します。

使用時の値の一覧が表示されます。

2

環境変数の画面

検索ボックスに環境変数と検索して [環境変数の編集] をクリックします。

3

保存されている環境変数の一覧が表示されます。表示されている値は使用時の値です。編集をクリックすると生の値を表示できます。

4
  • 目次
    • 環境変数の既定値
    • 環境変数の一覧を表示