Windows 10 ユーザーアカウント制御 (UAC) を無効にする

はじめに

Windows 11Windows 10:選択

Windows10 でユーザーアカウント制御 (UAC) を無効にする方法を紹介します。

ユーザーアカウント制御設定から、UAC を表示するタイミングを変更できます。

UAC はアプリが管理者権限を必要とするときや、ユーザーがシステムの設定を変更するときに表示されます。

UAC を無効にするとセキュリティの問題があるので、安全が確保されている環境以外では有効にします。

UAC についての公式の解説は「ユーザー アカウント制御のしくみ」をご覧ください。
3
  • 目次
    • UAC を無効にする

UAC を無効にする

検索ボックスに uac と入力して [ユーザー アカウント制御設定の変更] をクリックします。

1

スライダーから UAC を表示するタイミングを選択できます。

  • 次の場合は常に表示する
  • アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する (既定)
  • アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する (デスクトップを暗転しない)
  • 以下の場合でも通知しない

[以下の場合でも通知しない] を選択して [OK] をクリックします。

2

これでユーザーアカウント制御 (UAC) が表示されなくなります。

UAC を表示しないとセキュリティの問題があるので必ず有効にします。

次の場合は常に表示する

次の時に UAC が表示されます。

  • アプリのインストールやアンインストールするとき
  • アプリが管理者権限を必要とするコンピューターの設定を変更するとき
  • シールドアイコンが付いたシステムの設定をユーザーが変更するとき

アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する (既定)

次の時に UAC が表示されます。

  • アプリのインストールやアンインストールするとき
  • アプリが管理者権限を必要とするコンピューターの設定を変更するとき

アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する (デスクトップを暗転しない)

次の時に UAC が表示されます。

  • アプリのインストールやアンインストールするとき
  • アプリが管理者権限を必要とするコンピューターの設定を変更するとき

以下の場合でも通知しない

UAC は表示されません。

  • 管理者のときは、常に UAC が許可されます。
  • 標準ユーザーのときは、この設定に変更できません。